シミ ケア

シミの種類

フェイシャルエステマッサージ

一口にシミと言っても写真のようにいろんな種類があります。
シミは原因やでき方によっていくつかの種類があります。

 

自分のシミはどんなシミがおおよそのことがわかると思います。

 

 

ですからすぐに美白化粧品に飛びつくのはよくないです。

 

そして全部が全部紫外線のせいではないということを知っておきましょう。

 

とは言っても、シミの中で一番多いのが、日焼けによるシミ

 

美白化粧品をつければ改善すると思いがちですが、すでに定着してしまっているシミにはあまり効果がないのです。

 

ですから、せっせと美白化粧品をつけてもシミは薄くはならないのです。
ではどうしたらいいのかを調べました。


1.老人性色素班

一番多いのがこのタイプ。日焼けの積み重ねでできていきます。

 

 

ファンデーション、日焼け止めをあまり塗らない
20歳以上でかなり日焼けしたことがある
大きいものは1センチ近くもある

 

そんなあなたは老人性色素班であると思われます。

 

老人性色素班のケアの方法はこちら>>

2.肝斑

大塚寧々さんのコマーシャルでおなじみの肝斑

 

 

肝斑とはこんな感じです。

 

30代から50歳くらいで突然、頬骨の上に左右対称に大きいシミができた
太い刷毛で塗ったような広いシミ
薄い茶色や灰色
妊娠中にピルを服用中か、更年期になってできた
生理前に濃くなることがある

 

肝斑のケアについてはこちら>>

3.炎症性色素沈着

ニキビや虫刺され、間違ったスキンケアからできるシミのこと。

 

 

こんな人がなる

 

ニキビや虫刺されのあとが消えない
ニキビができやすいので、ノーメイク
肌をこする習慣がある
造顔マッサージのような強いマッサージ自己流でしている

 

 

炎症性色素沈着のケア

 

 

ニキビや傷のあと、間違ったスキンケアからくるシミのことです。

 

予防ケアとしては、肌に刺激を与えすぎないことです。

 

傷ができたときも上から紫外線が当たらないようカバーしましょう。

 

ほとんどの炎症性色素沈着は時間とともに自然治癒するものですが、

 

ゆっくり待てませんという方は、ピーリングののち、ビタミンCのイオン導入がオススメです。

 

美容外科でもやってくれますが、自分でやる場合はツインエレナイザーのような機器を使ってやると、ビタミンCの浸透率が何倍も違いますのでオススメします。

4.脂漏性角化症

.脂漏性角化症は以下のようなシミのことです。

 

いぼのように盛り上がっているシミ
表面がボツボツしている
でき始めにかゆみがあった

 

このシミになると、美白化粧品は効きません。

 

レーザー治療や凍結療法でしか、治りません。

雀卵班(ソバカス)

多くは10代でできます。
薄くて小さなシミが鼻を中心に広がっている
肌は色白の方に多いですね。白人にも多いです。

 

実はソバカスは遺伝的要素が強く、何をやっても治らないことが多いです。

 

なので、できてしまっているものを濃くしないようにするのが一番のケアです。
とにかく紫外線に当たらないことです。

エステでシミのケア、光エステ

 

ところで、エステでシミが薄くなり、ついでに美白もできるのだろうか。

 

ニキビあとは確かに薄くなっていくようだ。

 

ということで、スリムビューティハウスのフェイシャルエステを調べてみました。

 

フェイシャルエステもいろいろあって、オールハンドを売りにしていたり、マシンを使って顔の筋肉を鍛えたり、また光エステというのもあるようです。

 

 

スリムビューティハウスのフェイシャルエステのお試しはよくばり美顔コース
」という名前で、その名のとおり、小顔になり、美白もできるという。

 

 

一連の流れの中に、お悩み別集中ケアというのがあり、

 

ここで、RDパックを付けた状態でEMSで顔の筋肉を刺激しながら受ける光エステの種類を選ぶのです。

 

 

全灯⇒トータルケア
ブルー⇒にきび・肌荒れ・毛穴
イエロー⇒しみ・くすみ・美白
レッド⇒小じわ・たるみ・肌活性
フラッシュ⇒全体の総仕上げ

 

シミに効くのは黄色の光なので、黄色を選びます。

 

光エステは20分間受けるのですが、そのとき、美白成分のフラーレンという成分がたっぷり入ったパックをします。

 

 

お肌のシミシワにきくのはビタミンCやビタミンEが常識ですが、フラーレンは、シミの原因である活性酸素を吸収し、メラニン色素を抑える力に優れているといわれています。

 

フラーレンは、抗酸化作用がビタミンCの125倍もあり、メラニン生成を抑制し、美白効果が高く、クスミやシミに作用するという夢のような成分なのです。

 

スリムビューティハウスではこのフラーレン入りのパックをしながらのイエローの光エステをしてくれます。

 

 

 

フラーレン

フェイシャルエステマッサージ

実はあまりに知られていないフラーレン
ノーベル賞まで受賞したのに・・・

 

ちょっと載せておきましょう。

 

フラーレンは1996年にクロトー博士等がフラーレンの発見に基づく功績によってノーベル化学賞を受賞した成分で、世界的に注目されています。

 

フラーレンはダイヤモンドと同じ炭素同素体で、サッカーボールのような形をした物質です。
その中には、紫外線防御、老化防止などマルチな効果が期待できる成分が含まれており、今美容業界でもじわじわと注目されている成分です。

 

老化の原因となる活性酸素をスポンジのように吸い取ってくれる働きがあることが特長で、ビタミンCの125倍もの抗酸化作用、プラセンタの800倍ものコラーゲン生成促進作用など、女性にとってのまさに救世主的な存在なのです。

 

ああ、知らなかったです!。

 

ちなみに「ほんまでっかTV」でも紹介されたみたいですね。

 

フラーレン入り美容液はだいたい1万円前後します。
この銘柄が一番人気あるようです。参考のため載せておきます。